大切な人を送る儀式葬式について

大切な人が、事故や病気などで、突然失ってしまうことがあります。

大切な人を送る儀式葬式について

大切な人を送る儀式葬式について

大切な人が、事故や病気などで、突然失ってしまうことがあります。心はすぐには、納得することはできません。失った人の為に葬式を行う一面も、確かにありますが、残された人が心の整理をして、明日からまた生きていく為に、行われる側面もあります。哀しみは、やがて時間が癒してくれますが、それにも長い時間が必要になります。

昔は、故人の家で葬式が、行われていましたが、最近では、葬儀屋の会場を借りて、行われるようになりました。葬式の形も変化してきます。家族葬という家族だけで、行われる葬儀の形です。それを専門だけに、行う葬儀屋もいて、需要も高まってきています。また、葬式はそれぞれの宗派に基づいて、行われます。葬儀屋は、その手のことに関して詳しいので、わからないことは気楽に質問して、疑問を解決しておきます。

人が生きていくうえで、大切な人と別れることを、避けることはできません。別れは、何の予告もなく、唐突に訪れるのも、哀しみを大きくします。約束をしていたり、喧嘩別れのままに会えなくなる可能性もあります。そんな後悔をしないように、毎日悔いのない生き方を、していかなければなりません。やがて、自分にも訪れるその瞬間の為に、真っ直ぐ生きていきたいです。